風のアルバム トップ 風のアルバム 会社情報 風のアルバム 西寺方(現事業所) 風のアルバム 小規模多機能型居宅介護 風のアルバム グループホーム ブログ
 
西寺方事業運営について  サービス利用料金
地    図  風のアルバム 施設写真 
写真集 楽しい日々 2016年版  写真集 2015年まで
 
       
西寺方事業運営について

 誰もが自宅で生活する事を望んでいます。
しかし自宅での生活が出来なくなる日が必ず訪れてくるのは、脳血管障害を患い認知症になって、今まで普通に出来ていた日常生活が、どうやっても営めなくなることがあります。
病気を患わなくても、高齢になり体の平衡感覚が衰退し身体機能障害が起こり得る事もあります。

また
 ・認知症になっても自宅での介護が家族の都合でできない、
   ・認知症の度合いが強くなり介護できる家族が居るにもかかわらずどうして よいのか分からない、
 ・退院しても受け入れ施設が無く家族崩壊に繋がって行く等、
当の利用者は好きでこの病気になった訳ではありません。

認知症の原因はまだ不明だが、認知症になったきっかけがあると推測される認知症の種別の中核症状を理解して、その方にあった支援を心掛けるにはその利用者の全てを受け入れ傾聴し共有しながら「何が納得していないのか?」「どうしたいのか?」紐解きながら優しく解決の方向へ導いて行く事だと推測されます。

 認知症になっても魂は以前のままで感じ取る事が出来ると云う話を聞いた事があります。
確かに短期記憶は直ぐに忘れて最終的に長期記憶なども消え去る事が多いので、オウム返しを繰り返す、などの症状が現れることもあります。
そういう場合は、理解を示すまで何回も繰り返し説明を要するので、ケアする職員がしびれを切らし、利用者の応えを待たずに職員ペースで何でも早く業務を済ませてしまいがちです。
その結果利用者の人間としての尊厳も無く、自己決定の判断も仰がず、職員のなすがままに行動させられ、言語消失の為異議も言えないもどかしさが利用者の魂には残ります。

 「風のアルバム」の職員は相手の気持ちを大事に想い、その想いに応えるように自身の真実な心を伝える事に徹します。
そして利用者及び御家族様が安心して日常生活が継続出来るように地域や住民の協力を得て相互扶助の元、自施設住民が地域のお役に立てる事を目指すよう精進して参ります。

    風のアルバム 花の写真       

 
▲上へ
風のアルバム サービス利用料金
 
風のアルバム 西寺方事業所 地図
風のアルバム 西寺方事業所 地図 

▲上へ
風のアルバム 写真 外観 正面玄関 トイレ 浴室
▲上へ
(有) 風のアルバム  TEL 042-652-3337